「おうちdeえいご」はママとベビー・キッズの英語&絆づくりを応援します。

資格取得後の働き方例

title_workex

実際に講座が終わっても、「本当に自分で集客したり、レッスンしたり出来るの?」と心配はつきないかもしれません。
百聞は一見に如かず、ということで、実際におうちdeえいごが提供する「こそだて英語講師養成講座」を終了し、認定講師として活躍されている方達の働き方を教えていただきました。

子どもがまだ小さいから一緒に同席させながら、ゆるゆるとご自宅で月数回働きたい、という方も、子どもが幼稚園や小学校に行っている間にばりばり出張レッスンなども取り入れて働きたいという方も、ご自身の希望に合わせてワークスタイルを選んでいるのが、おうちdeえいご流こそだて英語講師方達の大きな特徴の一つです。
皆さんも理想とするワークライフバランスをこそだて英語講師として見つけませんか?
t_1

名前/講師歴 斉藤 英子/9年  eiko
Blog / HP Blog HP
働くペース ○月2回開催のサークル:3か所
○月1回開催のおうちdeえいごスタジオ:1か所
○毎週開催のサークル:1か所
参加者は各クラス10組前後
月収 約7万
レッスンは子連れ?預けて? 現在は小学生になっているので、学校に行っている間にレッスンを行っています。
子供が小さい時は子連れだったり、会場の横に設置されている託児サービスなどを利用したりしていました。
講師としてのやりがい お子さんの英語への興味、英語の発語があった、など伺う時は講師になってよかった!と心から思えます。さらに、お母さんが明るくイキイキとレッスンを楽しんでくださっている様子や、毎日が明るく楽しくなった、英語の発音に自信が持てた、などお母さんの様子をうかがう時に、やりがいを強く感じます。
一回のレッスン準備にかかる時間は? 月はじめにテーマを決め、テキストや歌詞、音源やアクティビティ、クラフトなどの下準備に約1時間。各レッスンの前日に諸々の準備として約1時間程度です。
講師希望の方へ・・ lessonpic3こそだて英語はもちろん英語を学ぶ場ですが、ママとお子さんがコミュニケーションを育む楽しい場所の提 供であると同時に、お母さん自身の気分転換できる場所でもあるといえます。私自身もかつてはこそだて英語教室の生徒であり、子どもへの英語教育の情報をはじめ、同じ興味を持つ母親同士の情報交換は毎回ワクワクしたものです。講師となった今、こうした場を多く提供することは、英語を通してハッピーな親子がどんどん増える、とてもやりがいのあるお仕事と実感しております。一方自分自身学ぶためにこの講座を受講される方にとりましても、声かけフレーズや手遊び歌をマスターされるだけでもとても充実した講座あると言えます。きっと講座が終る頃には大きな達成感と新しい目標が見つかることと思います。
さらに、児童英語講師や、ベビマ講師の資格をお持ちの方にとりましても、こそだて英語講師の資格は、お仕事拡充に大変効果があると思います。
英語が好き、子どもが好き、ママのホッとできる場所を作ってみたい、そんな思いのある方は是非講座を受講されて、さらに自分自身も楽しんでほしいと思います 。

t_3

名前/講師歴 河野 里恵/9年 kouno
Blog / HP Blog / HP
働くペース 3クラスをそれぞれ月2回。同日に2クラス連続しているので、働くペースとしては週1です。レッスン参加人数は1クラス約10組。
月収 8万円前後
レッスンは子連れ?預けて? 子どもが小さいころはレッスンの間だけ一時保育を利用していました。子どもが大きくなってからは幼稚園や小学校に行っている間にレッスンを開催しています。
講師としてのやりがい 「楽しかった!」「家でもママが英語で語りかけたらパパが感心していました!」「子どもが英語を楽しそうに発語していました!」などと伺ったとき、この仕事をしていて本当によかったと思います。ママが英語に興味を持ち、子どもと英語で楽しく遊べること、そしてこそだて英語を通じて出会ったママ達がとても楽しそうにレッスンに参加してくださる姿は私としても励みになります。
一回のレッスン準備にかかる時間は? 子どもが寝ている間などで少しずつ準備を進めていますが、常にレッスンで使えそうなネタ探しはしているかもしれません。また、自分の子ども相手にアクティビティをやってみて、子どもも喜んだものをレッスンにも使っています。
講師希望の方へ・・ こそだて英語講師は、ママとBABYが楽しくコミュニケーションできる、そしてママの愛情をいっぱい感じることができる素敵な時間を提供できるお仕事です。
そしてなにより、自分自身が子育てをしてきて、この仕事はママであることが強みになること、ママでも無理なく楽しく続けられるのが魅力です。
子育てしながら感じたこと、自分自身がこそだて英語を続けてきてよかった瞬間などを皆さんと共有でき、またママ同士の情報交換の場も提供できます。
私自身、子どもがまだ幼稚園生と下の子が1歳のときにこのお仕事を始めましたが、レッスンは午前に行っていましたので、子どもが幼稚園に通っている間にできることで、無理なく続けることができました。
また、自分の子どもにも講座で習ったフレーズを使うことで、子どもから英語の発語が聞けたとき、こそだて英語の魅力をたくさんのママに伝えたい!と強く感じました。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.